読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事So Long!

世の中をぶった斬る。斬ってみたらスイカみたいに美味しいかもしれないからーー。

今年の漢字、私は「膿」だと思う。

そろそろ今年の漢字が発表されるの時期でしょうか。

発表された後だと埋もれてしまいそうなので先に書いておくと、2016年という年は「膿」じゃなかったかと。

世の中のいろんな悪い部分が出てきた1年。でも、その膿は出し切っていなくて、ようやく表面化してきただけの1年。

例えば、電通の過労死問題。長時間労働やパワハラという「膿」は、日本のいたるところで蔓延っていて、それが電通という日本のトップ企業が糾弾されることで、ようやく見直そうという動きが出てきました。でも、それはまだはっきりと解決には至っていない。

芸能界ではSMAP解散という悲しい報せがありましたが、独立にまつわるジャニーズ側の厳しい対応を通して、芸能界という旧態依然たる世界の闇が垣間見えましたし、能年玲奈ちゃんの独立についても大手事務所の圧力があるのかないのかはわかりませんが、きっと同じことが言えるのではないでしょうか。(そういえばミスユニバースの方ってどうなったんでしたっけ?)

さらに渦中のWELQをはじめとしたキュレーションサイトも同じように「膿」が見え始めたところ。ずっと誰もがおかしいと思っていたことに、ようやくメスが入りだしました。しかし、記事の非公開で一件落着ではなく、これからさらに他のキュレーションサイトについても、つまりはウェブ全体の悪い部分が噴出してきそうです。

他にもまだまだありそうですが(例えば、カジノ法案から「ネットで」は議論され出しているパチンコ=ギャンブルという日本最大の「膿」とか)、今まで触れてはいけなかった部分、決して見たくなかったし、見ないふりをしてきた、見ようとしなかった、ずっと日本が抱えていた「汚いもの」が一気に出てきたのが2016年だと思うのです。

海の声

海の声

はたして2017年はそれらを出し切れるか、、、なんだか「膿」という字のインパクトが強すぎて書いてて気持ち悪くなってきましたが、なんとか出し切ってすっきりした時、はじめてこの閉塞感に包まれた世の中が変わる気がするのは私だけでしょうか。