時事So Long!

世の中をぶった斬る。斬ってみたらスイカみたいに美味しいかもしれないからーー。

渋谷区の同性カップル証明書をきっかけに日本はLGBT天国になればいい

同性愛者にやさしい国として、日本を売り出すのはダメ?

渋谷区が条例として、同性カップルに結婚に相当する関係を認める証明書を発行することが、おおきな話題となっている。

 

個人的には素晴らしいことだと思うし、こうした動きをきっかけにして将来的には結婚できるようになれば良いと思う。

 

とはいえ、反対派が多いのも事実。

 

気持ちはわかる。私は同性愛者ではない。異性が好きだ。

 

だから男同士がいちゃついていたり、女性同士がキスしているのを見るのは好きじゃない。でも、それって、別に異性同士でも同じ。男と女がいちゃついているのだって見たくないし。

 

私のまわりにはけっこうLGBTの人は多い。男の子にも女の子にもいる。彼ら彼女らはマイノリティーだけど、でも今、彼ら彼女らを批判したり差別する人たちは少ない。差別する人のほうがマイノリティーになりつつある。

  

 

LGBTってなんだろう?--からだの性・こころの性・好きになる性

LGBTってなんだろう?--からだの性・こころの性・好きになる性

 

宗教がない国だからこそ、日本はLGBTの楽園になれる

今回の渋谷区の条例に対して、「憲法違反」との声がある。たしかにそうだ。でも、だったら安倍総理が必死に訴えている憲法改正をすればいい。同性カップルの結婚を認める憲法を国民が創り出せばいいのではないか。

 

日本は宗教がない国だ。正確にはたくさんの宗教が混ざり合って、良い意味でも悪い意味でも八百万の神様がいる国だけど、特定の時間に神に祈りを捧げたり、長い時間断食をしたり、敵対する宗教を殺したりもしない国。

 

これはLGBTにとって、非常に大きなことだ。どんな法律も宗教には勝てない。でも、日本ではそれができる。国民の力で彼ら彼女らを幸せにできる。

 

と、なんだか聖人君子的なことを書いてしまったが、これは日本経済にとってメリットでもあるんじゃないだろうか。

 

国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ! 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ! 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

  • 作者: 池冨仁,臼井真粧美,柳澤里佳,片田江康男
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/02/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

知られざる巨大市場・日本のLGBT―週刊東洋経済eビジネス新書No.17

知られざる巨大市場・日本のLGBT―週刊東洋経済eビジネス新書No.17

  • 作者: 週刊東洋経済編集部,張子溪,野津滋,福田淳,高橋志津子,日高祐也,茨木裕,小林由衣
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2013/07/19
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

LGBTにとって日本に住めば結婚できるということが世界に発信できれば、今課題になっている労働力が外国人から見込める。東京オリンピックに向けてのアピールにもなる。

 

外国人のゲイやレズで治安が乱れるという意見もあるかもしれない。でも、本当にそうだろうか。誰だろうと外国人が来たらそりゃ治安は乱れるよ、おとなしい日本人とは違うんだから。

 

例えば、とくに問題となっている介護職。だれもやりたがらないから、外国人に押し付けようとしている。でも、LGBTの人たちのなかには、そういう仕事が好きで、その道のプロになれそうな人は多い気がする。

 

私の周りのLGBTはやたら世話好きだし、やたら老人に愛されている。もしかしたら、やりたいという外国人もいるかもしれない。(ただ、こういう私の考えも偏見だったりするのかもしれないけど、ただ人は特徴のよって向いているもの向いていないものがあるので)

 

もはや自由じゃないアメリカから「自由の国アメリカ」というフレーズは受け継いで、「自由の国ニッポン」として、もっと世界にアピールしてもいーんじゃないだろうか。 

 

秋葉原の次は、新宿二丁目が世界に注目されるクールジャパンなスポットになればいい。