読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事So Long!

世の中をぶった斬る。斬ってみたらスイカみたいに美味しいかもしれないからーー。

今でも高円寺に憧れてる若者っているのだろうか?

スポンサーリンク

大学生のころ、私は高円寺に憧れておりました。

本好き、音楽好き、ファッション好き、珈琲好き、酒好き、、いろんな面白い人たちが集まる街。

見た目はオシャレなのに、みんなどこか意識は低そう。将来いい会社に入りたい、お金持ちになりたいからヒッチハイクをするんじゃなくて、例えば「シャツ一枚だと日本は寒いから」などという理由なき理由でふらっとインドに行く人たち。よーするにおバカさん。

そんな心地良さそうなイメージがあって、私もそんな一員になりたくて、高円寺に通った時期がありました。

あれから10数年ー。

思い出すと、ものすごく恥ずかしい気持ちになるのはしょうがないとして、ふと思うのは、今の若者たちの中にも高円寺に憧れているの人はいるのか?ということ。

よく、高円寺は変わってしまったというけど、そうじゃない。(だっていまだにスターバックスがない!)

世の中が変わってしまったのだと、私は思うのです。

景気が悪くて、先行きも見えない。がんばって働いても給料が少ないし、お金がないことが当たり前になって、生活に余裕がなくなっちゃった。

高円寺はある意味、ダメな人が集まる街。

でも、みんながダメになっちゃって、必死にダメな自分からなんとかして脱出しようとしている今、あえてダメな街に行く必然性が見当たらない。

もっと世の中に余裕ができて、自分以外のみんなが幸せを感じている時代に、「けっ、うかれやがって。でも、私はみんなとは違う」とちょっとやさぐれてしまったおバカでダメな人たちが、同じような人たちと一緒に笑顔でいられる場所。それが、きっと高円寺なのです。

そんな日はまた来るのかなー?みんな、早くもっと幸せになれ!

高円寺

今週のお題「好きな街」