読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事So Long!

世の中をぶった斬る。斬ってみたらスイカみたいに美味しいかもしれないからーー。

スポーツ選手は「聖人」であるべきなのか?「悪人」じゃダメなのか?

スポンサーリンク

性格悪いけど、すごいやつだっている

バトミントン選手がカジノにハマってた問題で、「荒れた私生活。パチンコやキャバクラ通い」みたいな記事を見かけました。

私はパチンコは違法だと、散々このブログで書いてますが、別にパチンコをやる人自体は非難しませんし、お店が街中に普通にある以上、ごく当たり前のことだと思っています。

なので、バトミントン選手のパチンコやキャバクラ通いに関して「荒れた私生活」みたいなことをいうのはちょっと違うんじゃないかと。いまどき健康な男子なら誰だって行くんじゃないの?

なぜ、みなさんスポーツ選手に対して「クリーンさ」を求めるのでしょう。

遊びや恋愛には目もくれず、とにかくスポーツだけに打ち込んで、努力に努力を重ねて、成功した人。それがスポーツ選手の正しい姿だ。

これが正論になっている気がするのは私だけ?

だけど、例えば、女ったらしで酒が大好き、タバコも吸うし、毎晩のように豪遊している金遣いの荒い、そして練習も嫌いプロ野球選手。でも、毎年必ず40本ホームランを打つ人がいたとして、彼は素晴らしいバッターでしょうか。

私は間違いなく素晴らしいバッターだと思います。

スポーツ選手に「過程」は関係ない。「結果」を残した人が評価されるべきです。スポーツマンシップをプライベートに持ち込むな!

そもそもスポーツ選手なんて、みんな性格悪いのでは?

逆の考え方もあると思います。

プロの世界で活躍するような、負けず嫌いな人が、性格が良いわけないというのが私の(偏見かもしれませんが)持論です。

誰かを蹴落とさないとやっていけない中で、良い人でいられるわけがない。

真央ちゃんだって、錦織くんだって、五郎丸選手だって、爽やかなイメージだけど、きっと悪魔のような一面も持っている。

イチローなんて、絶対に友達だったらイヤな奴ですよ。

だから、彼ら彼女らに、国民栄誉賞をあげるのってちがうんじゃないか。

どんな性格だろうと、素晴らしいプレーを見せてくれる選手は賞賛されるべき。ですが、それはあくまでスポーツの中の話である、とも思うのです。

小説家もミュージシャンも俳優も「アーティスト」は悪人でいい

最近、流行りの不倫騒動についても思うことがあります。

ゲスの極み乙女のボーカルが不倫しようが、彼の音楽評価とは関係ない。もしも不倫を歌って、それがとんでもなく感動できるのなら、それが私たちにとっての評価となる。

お笑い芸人だって、面白ければ女房を泣かしたっていいはずです。

小説家も俳優も、別に悪人でかまわない。怖い団体に所属していようが、過去に人をあやめていようが、その人が生み出す「作品」に私たちは目を向けるべきであって、その人がプライベートで良い人かどうかなんて、本当にどーでもいいことなんです。

(そして、これも偏見でしょうが、絶対に悪い人の作るもののほうが面白い)

ただし、矢口とベッキー、てめーらはダメだ!

スポーツ選手から、小説家やミュージシャンなどを例に出しましたが、これは何か「作品」を生み出すアーティストだけに限った話。

タレントは人気商売。

だから、ベッキーや矢口が叩かれるのは仕方がない。まー、個人的には彼女たちのトークが面白ければ、全然かまわないとも思うのですが。

悪人

悪人

今回のバトミントン選手の事件、違法カジノに行ってたんだから犯罪ですよね。なんで捕まらないのかよくわからないのですが(不起訴ってやつ?)、自首して裁判して、どうにかなって、罪を償うなり、なんらかのペナルティを受けて、それで終わりでいいのではないでしょうか。

その上で、オリンピックに出る実力があるなら出せばよい。

子供に悪影響なんて意見もありそうですけど、子供のほうこそ、ちゃんとプレーで選手を評価してますよ、きっと。

そんなふうに思うのって、私だけ?