読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事So Long!

世の中をぶった斬る。斬ってみたらスイカみたいに美味しいかもしれないからーー。

どうして電車の中は広告だらけなのに、ネットに広告を貼ると人は怒るのか?

スポンサーリンク

電車に乗っていて、ふと思ったのです

「なんでお金を払って電車に乗っているのに、こんなにも広告を見せられてるんだろうか」

しかも尋常じゃない量。駅のホームから電車の中まで旅行、飲料水、英会話、転職、脱毛、週刊誌、みすず学苑etc...ペタペタペタペタ。おまけに最近は動画まで見せられる。

これがもしもインターネットだったら、とんでもないアフィリエイトサイトとして、いろんな人から怒られそう。

しかも、お金を払っているのに

例えばnoteで某イケダハヤト氏のコンテンツを買ってみたら、スクロールするたびに広告があって、5分で読める記事が10分かかるなんてことがあったら、みんな鬼のような形相で怒るはずです。

まぁ、これは例えが悪いですが、お金を払うものにここまで広告を見せられるのって、電車くらいなのでは?

いやいや、雑誌だって広告は入ってる。

映画だって、お金払うけど、必ず予告が流れるぞ!

なんて反論もありそうですけど、さすがに量をわきまえてる。2時間の映画で1時間もCMは流れない。

なのに、電車ときたら、改札から次の駅まで10分間移動するのに9分間くらいは広告が目に入ってくる。

これ、なんでなんでしょう?

もしかしたら、本当はもっと運賃がかかるけれど、広告のおかげで安くなってる?

新宿から代々木まで、本来なら2000円くらいかかるもの?

このブログにも広告を貼っていて、私はなんとなく意識的に「うしろめたさ」みたいなものが少なからずあります。インターネットだと広告は「悪」という認識がいつの間にか刷り込まれてしまっている。

しかし、電車だとなぜか違和感はない。たぶん初めからそうだったから、そういうものとして潜在的に許されているのでしょうか。

だとしたら、インターネットは最初の段階で間違えてしまったのかもしれません。もしもタイムスリップができる人がいるなら、過去に戻って、サイトのトップページにレクタングルバナーをペタペタと貼り付けてきたほうがいい。

そうすれば、私がブログを書くときに、いたたまれない気持ちにならなくて済むので。

広告0円

広告0円

今週のお題「私がブログを書く理由」